風俗で贅沢に過す

なぜかは風俗で分かってきた

何となくですけど、女の子をどう攻めればよいのか風俗で分かってきました。風俗で女の子を攻める時には、女の子に聞きながら攻めるようにしているんです。女の子が優しく「もっと右」「もうちょい奥」「力が強すぎる」とかレクチャーしてくれるんです。もしかしたらそう言われることによって、あまり良い気がしないって人もいるかもしれないんですけど、自分はむしろ大歓迎です。なぜなら、そう言われれば言われるほど、自分の男としてのテクニックが高くなっていくってことじゃないですか。だからか、時々女の子とそういったシチュエーションになっても「テクニシャン」と思われるんですよ。それはやっぱり嬉しいものですよね。それに、普通の女の子にあれこれ言われるよりも、風俗で言われた方が断然良いと思うので、自分的には断然良いんじゃないかなって。それもあって、一部からテクニシャンとの評価をもらっていますけど、それはすべて風俗のおかげなんですよ(笑)

理由なんて必要ないんですよ、美人は

美人風俗嬢と遊ぶ理由なんて必要ありません。男は基本的に美人が好きじゃないですか。でも、日常生活の中で美人と遊びたいって思っても倍率もハードルも高いしで、なかなか手が届く存在ではないんです。だからこそ風俗でもって思ってホームページを見ているじゃないですか。そこで美人を見かけたら遊ばない訳にはいきません。むしろ風俗で美人と遊ぶのに、理由なんて必要ないんじゃないですかね。それくらい、自分の中で美人風俗嬢の存在は別格なんです。ホームページを見ていて、美人風俗嬢を発見したらすぐにブックマーク入りです(笑)ここで大切なのが、とりあえずブックマークです。いきなりお店に電話するのではなく、まずは一旦ブックマークに入れることによって自分の気持ちにワンクッション置くんです。そして、後日振り返ってみてそれでも美人だなって思った風俗嬢は大抵外れることはないので、そこで指名して楽しむって言うパターンが自分のスタイルなんです。